estremoトップページへ戻るためのロゴ画像estremoトップページへ戻るためのロゴ画像

2022/1/15

 皆様方、楽しいお正月を過ごされたことと思います。  アタックレーシングが創立から今年1月で34周年を迎えます。  ここまで長きに渡り多くの車好きに愛されてきた一番の理由は、使った方でないと、その真の凄さは分からない「超高性能万能オイル添加剤、X1」抜きには語れません。  ネット時代の現代は分からない事があれば検索によって直ぐに答えが見つかります。それでも、通常よりも飛び抜けて性能が高い製品を見つけ出すことは非常に難しいと感じています。  その理由は色々ありますが代表的な部分を下記に列記すると、 1:やっと出会った(探り当てた)自分の宝物を見ず知らずの他人に教えたくない。 2:ブログや口コミサイト、HPなどで製品の凄さを公開すると「感覚で無く測定値を出せ」など、体験していない人から突っ込みを受けるため本当の凄さを語らない。 3:製品の宣伝マンと思われ誹謗中傷される。 4:一部の添加剤嫌いの方から誹謗中傷されるため実際の使用を公開しなくなる。 5:その他  人は無意識の内に、自分で一度も体験したことが無い世界は疑いの目で見てしまう。だから「添加剤を入れたら走りが変わった」という表現を見ただけで拒否反応を示す方も多い。  なぜなら「オイル添加剤」を自分で実際に体験して効果が無かった体験を重ねていた場合、「凄く効いた」という人を見ると、どうしても真実とは思えない感情が芽生え攻撃したくなる。  本当は「オイル添加剤」という括りの中でもピンキリで粗悪品から中級品、X1のような製品もあるのだが、成分も作用も多数あり即効性からX1のように即効性及び遅効性まで兼ね備えている製品があっても、そんな複雑な要素は素人さんには分からない。  それにテフロン系成分のオイル添加剤はコロの役割で滑りを向上させる反面、CVT、AT、LSDなど、滑って欲しくないメカニズムに誤って添加すると、滑りが発生して伝達効率が大幅に落ちてしまう。  X1作用が特殊なのは、滑って欲しくないCVT、AT、LSD、バイクの湿式クラッチなどは逆に滑りを抑制して伝達効率をアップする。そして滑りを向上させたいエンジン内部には摩擦を低減し、作動部分表面を保護修復するメタルリペア作用さえ発揮する。  一つの添加剤で「滑って欲しい所は滑り、滑って欲しく無い所は滑りを抑制する」全く逆の作用をする訳だから、メカニズムを理解している人でも俄には信じられないで疑ってしまう。  ここまで読んで頂くと分かってくるように「常識を超越した高性能品」「相反する理解しにくい作用」は、オレオレ詐欺のような人を騙すための嘘がまだまだ多い現代に於いては「そんな旨い話、本当なの?」となってしまう。一度でも使用すれば直ぐに理解できるのだが……  アタックレーシング創立から34周年を迎えるが、X1の販売開始は創業から3年目あたりと記憶している。従ってX1販売開始から少なくても30年は経過している。  真のX1(エストレモオイル類)の価値は長期間に渡って使用を継続した場合、新車から3万km。5万km、10万km、15万kmと、距離を重ねるほど滑らかさが増して走りも少しづつ向上してゆくことにある。 「純正の低粘度オイルを継続使用していた車、特に軽四輪などは6万kmから8万km走行した車はエンジンが相当くたびれている」と中古車販売店の方から裏話を聞いた。  真実は一つ、本当に良い物は時代を超えて愛され続けてゆく。私もX1なしでは自動車に乗りたくない。新車に乗ると「X1無しでもいいかな?」と一瞬思うことはあるが、少し経過すると「やっぱりX1は必要不可欠だ」と肌で感じる。  愛用者の皆様方は、どう感じるのかな。  パオの途中経過を報告しましょう。  寒さが一段と厳しくなり思うようには進んでいません。  そこで、ステアリングコラムカバー、コンソールBOX、オーディオラック、灰皿等、純正品が黒樹脂製品なので、ハンドル色に近いベージュに塗装しました。  シート自体もベージュ色でしたが表皮が汚れ易い太い糸状の織物タイプ(ファブリックシート)なので、新品オリジナル注文品(合皮生地)ユアブランド製(注文生産中)と交換予定。シートのベージュ色に内装中央付近のコンソールを含めて統一する計画です。  レストア代を安くするためには剥がした純正シート表皮を丸洗いして再使用する手もあるが、粗い縫い目に汚れやゴミが溜まり易い欠点があるためと、見栄え向上に向けてオリジナル配色の合皮生地への変更を決断した。  普段はあまり目にする機会の無い、純正表生地を剥がした画像(助手席シート)を掲載します。内部スポンジは茶色く焼けていますが割れ易いスポンジに亀裂はありませんでした。ただ純正品のスポンジは柔らか過ぎてフワフワなので、もう少し硬めのチップウレタンスポンジを購入追加して座り心地改善を図る予定です。  ただ人生初めての改善作業となるため、耐久性に優れ座り心地が良く体の保持に優れたウレタンスポンジ購入のハードルは高い。厚みは1cm、2cm、3cmのどれが良いのか、スポンジの硬さは、柔か目、中位、硬目の、どれが良いか、これだけは実際に試してみないと分からない。どんなことでも経験値が最後はものを言う。その第一歩となる。  コンソール関係ベージュ塗装に合わせてMTシフトレバーのブーツも黒色からベージュ色(合皮生地)の物に交換(自作で製作予定から専門ショップ品購入)、合わせてサイドブレーキにもベージュ色のブーツ(これも自作予定から専門ショップ品購入)で統一(純正はブーツ無し)、おしゃれな内装を目指します。  隠し味として、これらのコンソール類はボディ中央部分に取り付けられるため、裏側にパワーアルミテープを貼り付けてから取り付ける。MVS作用は、なぜだか樹脂製品にも強力に作用するため走行安定性向上が図れると推測。その結果は車検合格まで待たなければなるまい。

2022/1/1

新年あけましておめでとうございます。 皆様方にとって希望に満ちた良き1年になりますよう祈っております。

  


copyright2002 attack racing co,ltd. all right reserved.