第一章 プロローグ

  1. 1−1:メンテナンスで左右される車の耐久性
  2. 1−2:運転で大きく左右される車の寿命
  3. 1−3:ノーマルがベストとは必ずしも限らない

第二章 潤滑性能と耐久性相関関係を考察する

  1. 2−1:ダメージは日々蓄積されてゆく内部的疲労(エンジン)
  2. 2−2:磨耗損傷がメカニズムに与える影響(オートマ)
  3. 2−3:磨耗損傷がメカニズムに与える影響(MT&デフ)
  4. 2−4:レーシングカーは耐久性向上も最重要課題
  5. 2−5:レースに関係するプロは意外とオイルにこだわらない

第三章 純正仕様が本当に一番理想的なのか?

  1. 3−1:普通の走りで普通の耐久性を望むのなら構わない
  2. 3−2:車の技術は日進月歩で進んでいるが・・・
  3. 3−3:なぜ超高性能製品は純正採用されないのか?

第四章 プロ生活43年間で学んだこと

  1. 4−1:沢山の優秀な仲間から吸収して成長できたこと
  2. 4−2:製造、修理、ディラー、レースと全てを経験してきた
  3. 4−3:最終到達点は潤滑性能の重要性に着目

第五章 研究開発と実車結果との落差について

  1. 5−1:実験データーの持つ意味を理解する
  2. 5−2:生産車は全て同一性能ではない
  3. 5−3:専門家は過程も重視するがアマは結果のみを重視する

第六章 潤滑を掘り下げて考察する

  1. 6−1:潤滑とは見えない所で連続して発生する物理的化学作用
  2. 6−2:広告や宣伝やイメージ図は事実を表していない
  3. 6−3:雑誌テストで見えてこない真実について考察する

第七章 性能は液体の能力で大きく左右されている

  1. 7−1:潤滑性能は燃焼に深く関わっていることを忘れている
  2. 7−2:アイドリングの振動を観察すると燃焼が解ってくる
  3. 7−3:技術の進歩についてゆけない人がいる

第八章 アナログかデジタルか?

  1. 8−1:料理の味と同じで最終的には「味」が決めて
  2. 8−2:数値が意味する領域と、意味しない領域
  3. 8−3:匠の技はデジタルでは解析できない

第九章 高性能サプリメントが生み出す世界

  1. 9−1:効果の少ないものと効果的な物との落差は大きい
  2. 9−2:ダメージの蓄積を最小限に抑えることが重要
  3. 9−3:想像を超えた世界は真実性に欠けて見えてしまう

第十章 今何が解明されてきているのか?

  1. 10−1:飛躍的に伸ばすことができる車の耐久性と快適性
  2. 10−2:年々進化を遂げ熟成されてゆく新現象
  3. 10−3:常識が覆される世界は理論だけでは生まれない

第十一章 気持ちよく走ろう、結果が全てを物語っている

  1. 11−1:限界点は必ず存在する。そこを勘違いしてはいけない
  2. 11−2:オイルや添加剤の結果は使ってみないと解からない
  3. 11−3:何百台の結果を収集し積み重ね分析すると見えてくること

第十二章 燃費に関する複雑な要因を掘り下げて考察する

  1. 12−1:運転方法の違いによる燃費の変化
  2. 12−2:排気量と重量のバランスで変わる
  3. 12−3:車種・構造・空力で変わる
  4. 12−4:動力伝達方式(MT・AT・CVT)で変わる
  5. 12−5:オイルや添加剤が燃費に与える影響について考察する
  6. 12−6:高性能製品でも燃費アップしない場合がある

第十三章 エンジンオイル消費について深く掘り下げ考察する

  1. 13−1:減る車と減らない車の両タイプがある
  2. 13−2:オイル消費率は生産国により設計の考え方が異なる
  3. 13−3:オイル消費のメカニズムを分析してみる
  4. 13−4:オイル消費についての総括

第十四章 メンテナンスもチューニングも保守派か革新派かで方法が異なる

  1. 14−1:自動車の進化に合わせメンテナンスもチューニングも変わるべきだ。
  2. 14−2:チューニングとは調律でありベストを探し出す作業である。
  3. 14−3:MVS作用や正体の考察
  4. 14−4:MVS施工のポイント

第十五章 MVS実際の施工テクニック

  1. 15−1:MVS実際の活用方法 人間に用いる場合
  2. 15−2:MVSは電気系統に驚異的な改善効果を発揮する
  3. 15−3:エンジンに施工する場合のポイント及び注意点

TOPへ戻る